ニコレットガムの副作用

CMなどで話題のニコレットガム。一見魅力的ですが副作用がある事はあまり知られていません。

ストップスモーキング

ニコチン置換療法は本当に効果的なのか

ニコチン置換療法は、禁煙方法の一種です。
禁煙とはタバコを吸わないようにする事です。
しかし、そうするとタバコに含まれるニコチンには依存性があるので、離脱症状という症状が現れ始めます。
離脱症状の主な自覚症状は、タバコを吸いたくなるのは勿論ですが、それ以外にも気持ちがイライラする、集中力が無くなるといったものがあります。
この離脱症状はタバコを吸うのを止めてから3日以内が一番のピークだと言われています。

そして、この離脱症状が激しい時に症状を和らげるためにニコチン製剤という物を使って、離脱症状を切り抜けるというのがニコチン置換療法です。
この時に使うニコチン製剤には、ガムや体に貼るパッチ等の種類があります。
突然の強い離脱症状や、自分でニコチンの量を調節したい方はガムを使い、1日1回貼るだけで済む手軽さを望む方はパッチを使うというパターンが多いです。

このニコチン置換療法は本当に効果的なのかについては、個人の意思の強さ等に左右される部分がある事は否定出来ませんが、ある程度の効果はあると言えます。
普通の禁煙では一気にニコチンの摂取を止める事になりますが、ニコチン置換療法ならば、少しずつ依存状態から脱却する事が可能なので、離脱症状も穏やかになり禁煙の成功率は高くなります。
また、「タバコを吸う」という行為そのものもしなくなるので、無意識のうちにタバコを手にしてしまうという事も無くなります。