ニコレットガムの副作用

CMなどで話題のニコレットガム。一見魅力的ですが副作用がある事はあまり知られていません。

ストップスモーキング

ニコレットパッチの副作用

ニコレットパッチの副作用についてご説明します。
ニコレットパッチはニコチンを皮膚から吸収させる貼り薬です。
使用によって皮膚のかぶれや発疹などの副作用が出てしまうことがあり、利用者の70%がこの副作用を経験しているというデータがあります。
症状は個人によって差があり、貼った部位が赤くなる程度だったり、ひどい人では全身に蕁麻疹のような発疹が出てしまうなど様々です。
皮膚がしわになると、かぶれなどの症状が出やすいので、パッチを貼るときに皮膚を伸ばしてから貼ると副作用を軽減できます。
また体毛の濃い部分やキズのある部分は避けて貼る、同じ場所に貼り続けずに毎日貼る部位を替えるなどの工夫も効果的です。
またパッチを貼ったまま眠ると、眠りが浅くなったり悪い夢を見やすいなどの副作用が起こることがあるので、就寝前には剥がしたほうが良いです。
過度の使用による中毒症状にも注意が必要です。
沢山貼りすぎるとニコチンの摂取量が増えてしまいます。
またパッチを貼っているのに我慢が出来ずに喫煙をすると、頭痛やめまい、胸焼け、動悸、冷や汗などの副作用が出ることがあります。
もしこれらの症状が出てしまったら、直ちにパッチを剥がして水で洗い流します。