止めたいのに止められない、ニコレットガム

タバコの害は重々承知です。
しかし、止めたいのに止められないのがタバコです。
タバコにはニコチンが含まれています。
ニコチンは依存性の強い物質です。
つまり、ニコチン依存症がタバコを止められない原因なのです。
具体的には、脳にあるα4β2ニコチン受容体とニコチンが結合するとドパミンが放出されます。
ドパミンは快感を生じさせる物質ですので、快楽を求めてタバコを吸いたくなるのです。
タバコを止められない原因はニコチンですから、タバコ以外の方法でニコチンを摂取すればタバコを止められるという事になります。
そこで誕生したのがニコチンガム、ニコレットです。
ニコレットを噛めばタバコを止められる可能性はあります。
しかし、そもそもニコチンは有毒物質です。
その毒性は、青酸カリの倍以上に匹敵すると言われる程です。
ですから、タバコを止めてもニコチンを摂取していては、意味がないのです。
ニコチンを摂取しなくても、タバコが止められる禁煙補助薬があります。
それは、チャンピックスです。
チャンピックスは、ニコチンに似た構造を持っています。
チャンピックスはニコチンと同様にα4β2ニコチン受容体と結合するのです。
α4β2ニコチン受容体と結合すると、ニコチンほどではないものの、ドパミンを放出します。
つまり、チャンピックスを摂取すると、ニコチンが少し入った時と同等の満足感が得られるのです。
ですから、ニコチン渇望感が減り、タバコを我慢しやすくなります。
また、チャンピックスはニコチンよりも長い時間、α4β2ニコチン受容体に結合しています。
ニコチンのα4β2ニコチン受容体結合半減期は1時間、つまり、1時間程で感じる快楽は半分になってしまいます。
一方、チャンピックスの結合半減期は24時間程度です。
ニコチンよりも断然長い時間快楽を得る事ができますから、自然とタバコは不要となります。

▼禁煙補助薬のネット通販はコチラから
チャンピックスさえあれば禁煙成功可能